空耳アワー パンチラねぇちゃんジャスコの前

空耳アワー パンチラねぇちゃんジャスコの前 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]




パンチラがいつ頃から注目されるようになったのかは不明。日本では、和服の時代には基本的に下穿きは身につけないものであり、裾がまくれた場合にはパンツではなく性器が見えてしまうという状況であった。しかしながらこの頃からの羞恥心の変遷について研究した井上章一によれば、この頃にはそれはさほど「見えてしまうこと」はおおごとではなく、日常的な風景であったとされる。また、そのような視点から白木屋火事のエピソードを否定している。その後、洋装に切り替わり、女性が下穿きを身につけるようになり、次第にパンツが見えることがおおごととして受け止められるようになるが、その明確な時期は不明である。マリリン・モンローの出演した映画『七年目の浮気』(1955年)においてスカートが大きくまくれあがるシーンがあり、話題を呼んだ。日本では1969年には、小川ローザが出演し「オー!モーレツ」のキャッチフレーズで一世を風靡した丸善石油のテレビCMで、ミニスカートがめくれるシーンがあり、話題になった。また前後して、1968年から連載がはじまった永井豪の漫画作品『ハレンチ学園』によってスカートめくりが流行した。遅くともこの時期にはすでに「パンチラ」という概念がある程度定着していたと考えることができる。
1970年代から1980年代にはパンチラが人々の関心を集める効果が注目され、青少年向け雑誌のグラビアだけでなくテレビCMの常套手段となり、テレビドラマなどにもしばしば登場した。その後雑誌のグラビアなどが過激な方向にシフトした事、ミニスカートが一般に浸透し、見える可能性がある場合には見えてもいいものを重ね穿きする習慣が普及した事などの事情が重なり、パンチラそのものは大きく注目度を落とした。また、パンチラが男性の性的な視線を集めることが周知されそれに対して嫌悪感を持つ人が増えたため、テレビなど不特定多数を対象とした媒体ではほぼ見られなくなった。しかし「清純派タレントの穏やかなお色気カット」などとしては、その後も注目されている。一方で、階段などでの盗撮行為が犯罪として社会問題化している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
お弁当グッズ
お弁当グッズを探すなら http://www.tsunamiya.com/215783/407057/
2008/09/14(日) 08:25 | URL | #-[ 編集]
ダイエットと透明石鹸と美容のバランス
透明石鹸とは、通常の石鹸とは異なり名前の通りものが透けて見えるほどの透明感をもった石鹸のことです http://garner.crosstudio.net/
2008/10/15(水) 22:24 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myoutube.blog80.fc2.com/tb.php/99-e20f1d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。