空耳アワー 城だけ何故カラー

空耳アワー 城だけ何故カラー に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]




現在では“城”という字を訓で“しろ”と読むのは当然であるが、歴史を見ると、かつては“しろ”という大和言葉はなかったらしい。古代から中世初期には、“城”のほかに“柵”という字も用い,“き”と呼んでいた(城柵)。“かき(垣)”、“せき(関)”などの“き”と同様で、本来は外部と内部を区画するものを意味していた。たとえば、大宰府のそばにある大野城は“おおののき”と呼び、山形県の出羽柵は“でわのき”と呼んだらしい。後に、それぞれの字は、城を“じやう(=現代仮名遣い:じょう)”と読み、柵を“さく”と読むようになった。
“しろ”という読みの語源は、こういうことらしい[1]。山城の国(京都府南部)は、奈良の都(みやこ)からみて奈良山の背後にあたるので、山の後ろという意味で“やましろ”と名付けられ、“山背”とも書いた。桓武天皇が平安京に遷都したとき、「此国山河襟帯、自然作城」とあるので、この国が自然の城であるという認識があった。延暦13年(794年)11月15日に「斯形勝によりて、新号を制すべし。宜しく山背国を改めて山城国と為すべし。」という詔が出された。「新号を制すべし」とあるから、改字にとどまらず、称号も“やまき”としたのかもしれないが、実際は字だけを「山城」と改めて、なお“やましろ”と訓じたので、「山城」という文字列についてだけ、“城”に“しろ”の訓が生じた。しかし、山が城をなす土地に“やましろ”の読みが対応していたうえに、山に城を造ってそれぞれの領国を守る時代が訪れたので、中世後期には、“城”は“しろ”と読まれた。文明6年(1474年)の『文明本節用集』には“城”に“シロ”の訓がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ペアウォッチ
ペアウォッチを探すなら http://www.mladickrealty.com/216129/302123/
2008/09/15(月) 00:08 | URL | #-[ 編集]
定年と30代,40代の転職
定年とは、一定の年齢に達した際に組織を退職させる年齢のことをいう http://laugher.photobycolin.com/
2008/10/17(金) 08:08 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myoutube.blog80.fc2.com/tb.php/98-248a2a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。