安室奈美恵 WoWa

安室奈美恵 WoWa に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本人とイタリア人の両親を持つ母親のもとに生まれる。ちなみに安室は三兄妹の次女である。幼少の頃、ジャネット・ジャクソンの影響を受け、歌・ダンスのレッスンを本格的に学ぶため小4の時に沖縄アクターズスクールへ入校。初めて訪れた時は金額を聞き入校を断念したが、マキノ正幸校長に見込まれ、異例の特待生待遇で入校することになる。片道1時間半の距離を徒歩で週3日通う日々を経て、自身が中学生の時に5人組グループ「スーパーモンキーズ」のメンバーとして1992年にデビューを果たす。
デビュー当初は、各メディアで積極的にプロモーションを行うがヒット作には恵まれなかった。安室によるリーダー体制・安室奈美恵 with SUPERMONKEYSに移行後『TRY ME ~私を信じて~』でブレイク、ユーロビートのカバーで初期ヒットを生み出す。小室哲哉との出会いは、1993年にさかのぼり、当時まだ無名だった安室が出演していたロッテ「マスカットガム」のCMを見た小室がアプローチをかけたことがきっかけ(TKプロデュースの土台はこの頃から出来ていた)。そして、MAX松浦との出会いで話が具体化し、1995年にエイベックスへ移籍。
以降はソロシンガーとして活躍し、特に小室哲哉プロデュースの楽曲で『Chase the Chance』『Don't wanna cry』などミリオンセラーを含むメガヒットを連発し大ブレイク。当時、10代の歌手としての記録を次々と塗り替え、1996年に発売した『SWEET 19 BLUES』はトリプルミリオン、1997年に発売した『CAN YOU CELEBRATE?』はダブルミリオンを突破し、邦楽女性ソロアーティスト歴代1位のシングル売上を記録した(現在もこの記録は破られていない)。若者のファッションリーダーにもなり、マネする女性を“アムラー”(茶髪ロングヘアー・ミニスカート・細眉・厚底ブーツなど)と呼び、1996年の流行語にもなった。自身が学んだ沖縄アクターズスクールも注目を集め、沖縄出身アーティストの先駆けとなるなど、その人気は社会現象となった。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myoutube.blog80.fc2.com/tb.php/71-9284eddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。