ピンクレディー 渚のシンドバット

ピンクレディー 渚のシンドバット に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

常葉高校(現・常葉学園高校)卒業後の1976年8月26日にシングル『ペッパー警部』で歌手デビュー。中学、高校時代に同級生だった二人は”クッキー”というデュオを結成し歌手を目指していた。デビューのきっかけとなったテレビ番組『スター誕生!』出演時は、二人おそろいのオーバーオールを着、素朴な雰囲気で登場した。
しかし、後に増田恵子(ケイ)は素朴な田舎っぽいイメージはオーディション番組に受かるための手段で、当初より歌って踊れる歌手を目指していたといっている。当時のテレビ局関係者には素朴な田舎娘だったとの印象が今でも強いらしく、フォーク歌手指向と語られることが多い。
しかし歌手デビューに際し、全く異なるキャラクターにプロデュースされ変身。手足を露出したキラキラ光る生地のミニの衣装。リズムやビートを強調した曲調。大胆に太ももを開いたりする激しくセクシーなダンス。郊外の田園風景が似合う素朴な二人組が、アメリカのショー歌手も顔負けの派手な歌謡デュオになったのである。ちなみにピンク・レディーとは都倉俊一の命名であり、有名なカクテルの名前に由来する。
同様の歌手としては1970年代前半に人気を博した山本リンダなどの前例もあるが(ちなみに山本の曲も阿久悠・都倉俊一コンビ作が多い)、山本などが“大人の女”の色気を売りにし夜のイメージを感じさせたのに対し、ピンク・レディーは夏の浜辺のような明るく健康的なムードなのが対照的だった。デビュー直後にはキワモノ的な見方もされたが、まずは当時の子供たちが振り付けを熱心に覚えて真似をし始めた。
そのため山本リンダに代表されるかつてのセクシー歌手とは対照的に、老若男女に幅広く人気を獲得することに成功。レコードが大ヒットするだけではなく、人気が高まるにつれ衣料品や文房具、食器、果ては自転車や食品まで多くの業種のさまざまな商品に彼女らの姿がプリントされたキャラクターグッズが販売され、ピンク・レディーという存在は想像を絶する巨額の経済効果を派生させることになった。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myoutube.blog80.fc2.com/tb.php/52-e67d6a12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。