スガシカオ 19才

スガシカオ 19才 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デビュー当時から、そのざらついた感触の、だが良い意味で耳に残る声がラジオ業界を中心に注目される。初期の頃は大人の女性を中心に人気を獲得、ライブ会場の客層も女性が大多数を構成していたが、近年では、彼ならではの「エッジの効いた」作詞で男性ファンも増加。本人もそれを認めている。最近ではNHKの番組、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(毎週木曜日22:00~22:43)で特製バンド「kōkua」(コクア)を結成し、作詞作曲を手掛けた『Progress』がそのテーマ曲となっている。
二浪を経て大学を卒業後、制作会社での4年間のサラリーマン生活を経て、1997年に『ヒットチャートをかけぬけろ』で30歳にしてメジャーデビュー。以後、ラジオ局のヘビーローテーション、音楽専門誌を中心に、業界の注目を集める。ファンクやソウルミュージックをバックボーンとしたサウンドメイキングと、男心を赤裸々に書いてリアルに言葉が迫ってくる歌詞が特徴。ちなみにサラリーマン時代は、非常に仕事のできる係長であった。クリエイティブな職業のため楽しくやっていたが、ミュージシャンを目指すため退社を決意した際、上司から「昇進させるから辞めないでくれ」と説得された。給与規定を見たところ課長になっても給料は月700円上がるだけであり自分の価値はそんなものかと思い、辞めたらしい。
歌手として軌道に乗るまでは経済的に窮迫し、「(家におかずになるもの、味のするものが何もなく)一度だけご飯に胃薬をかけて食べた」と『プロフェッショナル 仕事の流儀』でのインタビューや『Music Lovers』で告白している。その後4年くらいひっきりなしに仕事が来て、合間に作った2ndアルバム『FAMILY』で高い評価を得る。
ツアー時のバンド名は「Shikao&The Family Sugar」だが、これは音楽的に影響を受けたスライ&ザ・ファミリー・ストーン (en:Sly & the Family Stone) に由来する。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myoutube.blog80.fc2.com/tb.php/51-c8343110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。