郷ひろみ&松田聖子 さよならのkissを忘れない

郷ひろみ&松田聖子 さよならのkissを忘れない に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高校を5年かけて卒業した後、日大法学部に入学したが、授業料を払わなかったので、除籍になった。
フォーリーブスの一員だった江木俊夫は、自著の中で「ジャニーズ事務所に最大の利益を与えたのはSMAPだろうが、ジャニー喜多川さんが今でも理想のアイドル像として思い描いているのは郷ひろみだろう」と述べている。
デビュー当時、週刊誌に自分はマザコンで童貞であることを明らさまに告白して話題となった。
アイドル水泳大会では競泳など多くの競技に出場し「ミスター水泳大会」と呼ばれた。
20代の頃、山口百恵に密かな恋心を抱いていたが、無視され続けたという苦い経験を持っている。
『2億4千万の瞳』は当時の国鉄のキャンペーンに使われたが、これは郷の父親が国鉄職員であった縁によるとされる。話題作りという理由もあり、郷の父親は東京駅の助役に抜擢されている。
KINCHOの「キンチョール」のCMで横山やすし・柄本明らと共演。中でも「ムシムシコロコロ キンチョール」のセリフは流行語になった。
2000年頃ウッチャンナンチャンのウリナリ!!の企画で加齢臭があるのか調べられたが検出されなかった。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myoutube.blog80.fc2.com/tb.php/35-4f99920f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。