John Lennon- Imagine

John Lennon- Imagine に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

John Lennon- Imagine

John Lennon - Imagine

Posted Feb 10, 2006

John kicks it with Yoko at the homefront and performs his utopian pop classic.




ビートルズは当時の不良たちがそうであったように、ズボンを細くしていた。ラトルズでもパロディにされたように、ズボンが細いと股間が強調されるのだが、ビートルズはわざとギターを高い位置で構え股間がみえるようにして女性に見せつけていたという話がある。レノンはがに股になることでさらに股間を強調して楽しんでいたという。
1960年代の白人が公の席で黒人をほめるという事をしなかった時代、いち早く黒人アーティストへのリスペクトを表明したのがビートルズ。BBキングは「私の事を初めてほめてくれた有名人はジョン・レノンだよ」と語っている。
1966年後半から着用し、その後のレノンのトレードマークとなった「丸眼鏡」は、実はレノンが購入したものではなくイギリスの国民健康保険制度により無料で支給されたものであった。1967年に入りレノンがこの丸眼鏡をかけて公の場に姿を現し出すと、イギリスの若者の間でこの眼鏡が爆発的に流行。視力に支障がない若者までがこの眼鏡をこぞって手に入れようとしたため在庫がなくなり、政府は眼鏡の形を変更した。
レノンがヨーコと知り合ってから親密になるまでに数ヶ月、交際までには1年ほどの期間があったが、その親密になるまでの数ヶ月間にヨーコはポール・マッカートニーと何度か個人的に会っている(恋愛感情とは無関係。ポールの2001年のインタビューより)。
現在でも若者たちに人気の、車のウインドウに貼り付ける「スモークフィルム」は、レノンが移動中のプライバシーを守るために1965年に自ら考案・発注し、自身のロールスロイスに貼り付けたのが最初である。このアイディアはその後有名人や著名人に次々に取り入れられ、現在はプライバシー保護のみならず、アクセサリーの一部として一般にも広く普及するに至った。レノンはこのスモークフィルムを自身のMiniにも貼っており、その映像や写真も残されている。また、日本・イギリス双方の道路交通法において、このスモークフィルムをフロントガラスに貼り付けることは違法になる場合があるが、これを警察に指導されたのもレノンが世界で最初である。
1969年にMBE(大英帝国五等勲爵士)を返上した際、理由に挙げたのは、ベトナム戦争に反対するためと、シングル「コールド・ターキー」の売り上げが不振に終わったためということであった。
死後数年経ってから明らかにされたことであるが、1981年初頭にはレノン初のソロ・ツアーとなる日本公演が内密に予定されていた。そのコンサートのオープニング曲には、ニューシングル「スターティング・オーヴァー」ではなく、ビートルズ時代の大ヒット曲「ヘルプ!」が予定されていた。
レノンの墓は、掘り返されることを恐れて所在を公表されておらず、またイギリス在住のレノンの親戚筋すら誰ひとりとしてその所在を探し当てられないままでいるが、実は日本にあるという説がある。
レノンは息子のショーン誕生後の1970年代中期から後期にかけて毎年のように一家で夏の軽井沢を訪れ、有名な「万平ホテル」や小野家が所有する別荘を常宿に数ヶ月も滞在していた。ボディーガードもつけず、短パンにトレーニングシャツといったラフな格好でサイクリングや散歩を楽しみ、気軽に地元のパン屋を訪れて買い物をするなど、世紀の大スターらしからぬ庶民的で質素な振る舞いは、地元住民に大変な好意をもって迎え入れられた。また、上野動物園や豊島園などへ子供連れで訪れたり、日本橋のデパートで買い物をする場面などを非常に多くの日本人に目撃されている。神楽坂にも訪れ、たつみやでうな重を食べた。なお、日本人はまずヨーコに気付き、よってその横にいる「外国人の男性」がレノンだと分かることが多く、レノン単独では殆ど分からなかったと言われている。そんなレノンを偲んで、さいたま市・さいたまスーパーアリーナにある「ジョン・レノン・ミュージアム」には、2006年3月末まで万平ホテルが喫茶店を出店していた。
生前、内田裕也・樹木希林夫妻や永六輔、映画監督の大島渚、写真家の篠山紀信とも親交があり、来日時にはよく一緒に食事をしていた(篠山紀信はレノンのラスト・アルバム『ダブル・ファンタジー』のジャケット写真を撮影。大島渚は、レノン主演による映画撮影の構想を持っていた)。
1971年の楽曲「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ?」をはじめ、辛辣にポール・マッカートニーを非難することもしばしばであったが、ビートルズのレコードや他のメンバーのソロ・アルバムはほとんど持っていなかったレノンが、ポールとウイングスのレコードだけはほとんどを揃え、よく聴いていたと言われている。
親戚には、妻オノ・ヨーコの従兄弟にあたる外交評論家の加瀬英明、その父で初代国連大使の加瀬俊一がいる。
2002年にBBC が行った「歴史上最も偉大な英国人100人」を選ぶ世論調査において、8位に選ばれた。
(ビートルズを含む)自身の海賊盤収集を趣味にしており、定期的にニューヨークのレコード店に通っていたという。とりわけビートルズのストックホルムでのスタジオ・ライヴが一番のお気に入りであったと発言している(そのライヴ音源は『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』にも収録されている)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
生涯学習と30代,40代の転職
生涯学習とは、学校教育以外にも生涯にわたって、仕事や地域社会に役立つ能力を獲得したり、ライフワークとして学習することをいう http://adulty.photobycolin.com/
2008/08/26(火) 11:30 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/01/04(日) 00:33 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/01/17(土) 18:16 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myoutube.blog80.fc2.com/tb.php/120-65bdcec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。