ZARD 負けないで

ZARD 負けないで に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ZARD 負けないで




メンバー構成

2004年に行われた初ライブ・ツアーのパンフレットによると、ZARDは「坂井泉水を中心としたユニット名」と書かれており、現在は坂井泉水のソロプロジェクトとされているが、2ndアルバム『もう探さない』から3rdアルバム『HOLD ME』まではギター・町田、ベース・星、ドラム・道倉、キーボード・池澤の名前が散見される。2nd アルバム『もう探さない』のブックレットには他メンバーの写真も掲載されており(ただ白黒のうえ顔がはっきり分からない)、ZARDはバンドであった。
1999年のベスト盤発売時に寄せられたメッセージの中では、1991年のデビューシングル『Good-bye My Loneliness』のPVのディレクターだった岩井俊二が、「ZARDは一人だった」と発言している。
バックメンバーをつけたのは、『Good-bye My Loneliness』がデビュー作ながらオリコン最高位9位と予想以上に売れたためであると思われている。しかし、5th シングル『IN MY ARMS TONIGHT』のテレビ出演時には星の姿がなく、最後の音楽番組出演となった1993年2月5日の「ミュージックステーション」で『負けないで』を歌った時のドラムは黒瀬蛙一(ex.flow-war/1998年~2001年B'zのツアーサポートメンバー)だった事が、黒瀬本人の口からB'zの松本孝弘のラジオ番組にゲスト出演した際に語られている。町田・池澤の脱退は『負けないで』発売以降と思われるが、具体的な時期は不詳。テレビ出演しないアーティストのバックメンバーは自然と脱退に持っていかれることが多い。坂井以外のメンバー表記が消えるのは最後のテレビ出演となる『負けないで』からであるから訳が分からなくなるが、『君がいない』ですでにギターを弾いていたのは町田ではないという情報もあり、1995年に発売された『Just believe in love』では表記はなかったものの、ギターは町田ではなく、編曲を担当した葉山たけしが弾いていると”J-Rock Magazine誌上”で明言され、この時点で、ZARDが坂井一人となっているのは確定的となった。1996年に発売されたアルバム 『TODAY IS ANOTHER DAY』以降は「Additional~」という表記で、サポートメンバーの形でギター・葉山たけし、増崎孝司、ベース・明石昌夫、キーボード・小野塚晃、池田大介、サックス・勝田一樹らの名前が表記されている。
1st シングル『Good-bye My Loneliness』のカップリング曲『愛は暗闇の中で』(1st アルバム『Good-bye My Loneliness』にも収録)の編曲クレジットに、ZARDの記載がある事を考えると、1st アルバム制作中に他パートを務めるメンバーが加入していたとも考えられるが、2nd シングル『不思議ね…』のプロモーションビデオのバックバンドはほとんど姿形がぼけており、おそらくまだこの時点では正式メンバーはいなかった可能性が高い。3rd シングル『もう探さない』(1991年発売)のプロモーションビデオでは、はっきりとバックバンドが映っているのを見ると、ここで初めて正式メンバーが誕生したものと見られる。
デビュー当時は坂井泉水一人のソロプロジェクトとして計画が進められ、1991年終盤に町田らが加入し、最後の音楽番組出演となった1993年の『負けないで』前後に、坂井以外のメンバーは脱退し、ソロプロジェクトに戻ったと考えるのが妥当だろう。ファンクラブのイベントでは、初期ZARDはバンドでメンバーもいたが、それぞれが忙しくなり最後には坂井泉水一人になっていたという話も出た。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
熱帯魚・アクアリウム
熱帯魚・アクアリウム http://crum.archiunite.net/
2008/08/30(土) 00:43 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myoutube.blog80.fc2.com/tb.php/116-399b19b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。