北の国から

北の国から に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

北の国から



東京都から故郷の北海道に帰郷して、大自然の中で暮らす一家の姿を描く。脚本家倉本聰の代表作。北海道の雄大な自然のなかで繰り広げられる人間たちのドラマは多くの視聴者の共感を呼び、連続シリーズの放映終了後、8編に及ぶスペシャルが放映された。さだまさし作曲・スキャットによる主題歌も広く愛されている。
連続シリーズで、主人公となる黒板家3人の子役として「純」と「蛍」の兄妹を演じた吉岡秀隆と中嶋朋子は、その後の続編でも、父親役の田中邦衛とともに成長した彼らを引き続き演じ続けた。「黒板」という苗字は、作者の若い頃の恋人の苗字から採った。
高い視聴率に支えられ、21年間に渡って放送された人気ドラマだったが、制作スタッフの高齢化による定年退職や長期ロケによる高額な制作費などにより続編の制作が困難になってきたことから、2002年秋に放送した「北の国から 2002遺言」をもって制作を終了した。
企画は、映画『キタキツネ物語』と『アドベンチャーファミリー』が大ヒットしたから、似たようなものをということで、フジテレビから脚本家の倉本聰に話が持ち込まれたことから始まる。 ドラマのコンセプトはアメリカ合衆国のテレビドラマシリーズ『大草原の小さな家』をヒントにしたものといわれる。
フジテレビの系列局北海道文化放送が初回から番組制作に協力して、毎回、長期に渡る北海道ロケによって制作が行なわれた。富良野の美しい自然や祭りなどの風物の中でドラマは織り成され、本作によって富良野市は日本中に知られるようになり、過疎の村だった麓郷地区には第1作の放送終了直後から、休日になると数百人の観光客が見物に訪れることとなった。最終作が放送された2002年度には249万人が訪れている。[1] 富良野は北海道の観光名所となり、ドラマに使われた丸太小屋が再現された他、富良野駅近くに、富良野市駅前農業協同組合4号倉庫を改造した「北の国から資料館」が設けられた[2]。さらに、連続ドラマ第1回で黒板親子が降り立った布部駅の入口脇には倉本の筆による「北の国から ここに始まる」と書かれた碑が建てられるなどした。
この成功により、フジテレビは「北の国から」初回シリーズの放映終了後、同作のスペシャル版を放送するとともに、この路線を継続して、別の脚本家によるアメリカを舞台にしたドラマ『オレゴンから愛』を制作・放映した。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
フラワー
2008/09/12(金) 22:21 | URL | #-[ 編集]
二重盲検法と美肌とダイエット
二重盲検法(double-blindtest)とは、医薬品などの効果を検証する際に用いられる臨床試験の手法の一つです http://cord.thriftystmartin.com/
2008/10/14(火) 18:17 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myoutube.blog80.fc2.com/tb.php/101-1736066c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。